国際的に活躍するネイリスト

国際的に活躍するネイリスト

美容師でもそうなのですが、日本人やアジア人は、手先が器用な為に、ヘアカットやネイルなどのサービスをする仕事に向いているといわれています。特にデザインセンス溢れ、カットやネイルの技術の基本がしっかりできている日本人は、海外でも活躍している人が多いでしょう。

 

 

 

日本人のネックである言葉の問題も、腕があれば、あまり問題ではありません。もちろん言葉は話せたほうがお客さんとのコミュニケーションはよりスムーズですし、必要ではありますが必須ではないのです。その為、美容師やネイリストとして海外にチャンスを求める人も増えています。

 

 

 

労働ビザさえおりれば、特殊な技術、専門技術をもっているのですし、日本では考えられないようなデザインがうけたりして、より冒険的に色々なデザインに挑戦できるチャンスもあります。また腕がよければ、人の紹介で、思わぬ有名人なども顧客にできるチャンスがあるかもしれません。
 

 

やはり基本的な技術は必要ですが、海外ではいかに自分の個性をアピールするかも重要です。そしてできればその現地の言葉を話してコミュニケーションをしっかりとれれば鬼に金棒です。もともと技術力は高いものがあるので、それにお客さんを喜ばす話術やサービスが加われば完璧です。

 

 

 

また言葉ができなければ、海外にいる日本人の為に腕をふるうのもいいかもしれません。でもせっかくですから、色々な人種の爪や手をみて、自分なりにキレイに見える工夫をしたり、研究をするのもいい勉強になることでしょう。