ネイリストの将来は

ネイリストの将来は

ネイルの技術もどんどん進化して、ジェルネイルやスカルプチュアなど、アートネイルや3Dネイルが話題になるにしたがって、サロンで特別なネイルをしたい、時には特別なネイル施術が受けてみたいという人が急増しています。

 

 

 

また、いままでどちらかといえば、若い世代を中心に広まっていた、カルジェル、バイオジェルも最近は年齢を問わず人気がでてきています。それだけネイル、手元のお洒落は大事ということが、皆さんに浸透してきたのだと思います。

 

 

 

またおしゃれとは違い、身だしなみ、またビジネスに必携のアイテムとして、キレイな爪が必要な仕事もあることは確かです。そうした手元が重要なアピールになる職業に従事している方は、男性でもネイルサロンに行きます。それくらい爪のエチケットは見直され、大事にされてきているのです。

 

 

 

その点、ネイリストの検定1級などを取らずとも、需要はけっこうあるのがネイリストの仕事です。ある程度技術を身につけている人なら、すぐに即戦力として働き始めることができるし、ネイリスト検定、3級や、2級などを持っていれば、かなりその就職は有利になることでしょう。

 

 

 

資格よりもネイリストの職歴のほうが重視されることがあるにせよ、将来性は十分ある仕事です。ネイリストとしてかなり稼ぐ様になるには、さらに努力が必要ではありますが、生活するくらいは、もちろん稼ぐことができるはずです。

 

 

 

安定している仕事かというと、その辺りは本人の腕次第かもしれません。