ネイリスト検定について知る

ネイリスト検定について知る

ネイリスト検定は二つの検定があり、日本ネイリスト協会(JNA)とインターナショナルネイルアソシエーション(INA)があります。

 

渋谷のネイルサロンに行ってみよう!

 

ネイリストとして働くのに資格は必要ありませんから、これらの検定はもちろん国家資格ではなく民間資格ということになります。これらの検定の目的は、自分の技術や知識がどの程度の物なのか、客観的に示すことです。自分の今の実力の目安として、これらの認定制度を活用する方がほとんどです。

 

 

 

受験者数の数で見ると、多いのはJNA検定です。どちらが自分の技能を表す検定として有利なのかということはありませんが、受験者数の多いJNA検定の方が、情報が手に入りやすくなっています。

 

 

 

JNA検定は、日本ネイリスト検定試験センターで行われ、1級と2級の試験は年2回、3級は年4回行われます。試験の内容は、どれも実技試験と学科試験で行われ、2級を受けるには3級の検定合格が必要であり、1級の検定を受けるには、2級の検定合格が必要になっていて、飛び級で受けることはできません。

 

 

 

次からはこのJNA検定について、もうちょっと詳しく見ていきたいと思います。