ネイリストの資格について

ネイリストの資格について

ネイリストの資格には何があるのでしょうか。資格取得を目指す前に、どの検定試験に向けて勉強するのかを決めておく必要があります。

 

ネイリスト技能検定試験という資格試験があります。これは日本ネイリスト協会(JNA)が主催している検定試験となります。これは段階ごとに級が設定されており、1〜3級まであります。

 

3級に関しては受験資格が設けられていませんので、誰でも受けることが可能です。そしてそれに合格すると、一つ上の2級の受験資格が得られるのです。3級で問われる知識はネイルに関する基礎です。

 

2級にすすむと現場での実践的なスキルが問われます。ネイルアートやスカルプチュア、ジェルネイルといったネイルメニュー全般が行えるようにしておかなくてはいけません。2級に合格すると、最上級である1級の受験資格が得られます。

 

1級で求められるのはネイルに関するトータル的な知識と技術です。ネイリスト技能検定試験で、最も難易度が高く、取得も難しいです。これを取得すると高い知識と技術を持ち合わせているネイリストとして活躍できます。

 

また最近ではジェルネイルの施術を希望されるお客様が増えています。ジェルネイルとはライトで硬化するジェルを使った施術のことです。これの専門資格が日本ネイリスト協会いよって設けられました。

 

ジェルネイル検定は初級、中級、上級にランク分けされています。初級はジェルネイルの基礎知識、中級はサロンで働くのに必要な技術、上級はジェルネイルのスペシャリストとしての知識と技術が問われます。