バイオジェルの普及

バイオジェルの普及

多くの人が利用しているジェルネイルですが、中でも最も爪に優しいと言われているのが、バイオジェルです。バイオジェルが生まれたのは実は南アフリカで、南アフリカにあるジェルネイルキットの企業が作り、ヨーロッパで人気が高まりました。

 

 

 

日本にもバイオジェルの技術を取り入れるネイルサロンが増え、今では多くのネイルサロンのメニューとして挙げられています。バイオジェルの代表的な特徴としては、リムーバーで取ることができるという点でしょう。カルジェルなどと同じようにUVライトで硬化させることによって固まり専用のリムーバーで溶かして落すことが可能です。爪への負担が少ないのが魅力の一つであり、二枚爪や爪が薄い人に向いているのではないでしょうか。

 

 

 

つけ心地も軽いので、つけているという感覚が薄いのも魅力ですね。実際にはカルジェルとバイオジェルには大きな差がないと言われており、作り出した企業が違うこと意外にはあまり内のですが、一点だけ上げるとしたら、お手入れがカルジェルに比べてバイオジェル方が手軽なようです。カルジェルの様にツヤ出しの為にトップコートを塗る必要はなく、ノンアセトンのリムーバーで拭くことによってツヤを出すことが出来ます。

 

 

 

自爪との密着性が高いので、浮いてしまう心配が少なく、ジェルネイルのトラブルで多いカビなどの心配が少ないのでとても衛生的です。ジェルネイルを利用する時にカルジェルやバイオジェルなど様々なジェルネイルの種類があり、どういった基準で選ぶと良いのかがわからない時には、担当のネイリストに自分の不安点や自爪の状態などを相談することによって最適なものを選んでくれるのではないでしょうか。